トップイメージ
貰った明細レシート所持する必要性はないのか??正解について先に記載すると必要性は特段あるわけではありません。個人個人で保管していることにより自分自身が使った痕跡を残したいと考える場合は保管しておけばよいだし、それらの履歴はいらないと思うのであれば保管しておく必要性はないです。しかしながら月に一度送られる使用履歴との照合の際においては絶対に上述の明細レシートが必要です。レシートをその時までは保管しないとどのショップでいくら使ったか?というのがわからなくなってしまうだけでは済まず、誤った請求・二重請求に関しての照合作業すらできないので気をつける必要があります。おそらくクレジットを決済した金額についてはレシートを保存していないと記憶しておくことはできないはずです。できれば利用履歴が手元にくる1ヶ月か2ヶ月前後はなくさずにレシートを保管するようにしたいものである。クレジットの明細レシート破棄方法→クレジットのレシート廃棄方法は非常に単純なのです。第三者に不正な利用をされないよう、できるだけ細かくちぎって廃棄するだけで良い。自家用シュレッダーが自宅に置いてあるのであれば用心のために使っても良いだろう。クレカの履歴を証明しているレシートであるのだからナンバー等機密情報を知られてしまう情報が多く書かれています。普通の明細レシートと軽視せず破棄は細心の注意を払って行うようにしたいです。近頃は悪用防止の意味で利用レシートにクレジット番号等の機密情報が記載されていない利用レシートも出ているようだが信用しすぎは禁物でしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.anavacentar.com All Rights Reserved.