トップイメージ

ようやく始める時という段階では下準備をサボってはいけません。仕事 辞めたい アフィリエイト

売買を始める前であれば出来事を合理的に眺める事が出来ます。

ところが、いっぺんマーケットの中へ足を踏み入れると、何をしても受け取り方が自己中心的になる場合があり時として正しい状況判断ができなくなるリスクがあります。

それゆえに自らの考えが論理的な段階で、準備を進めておくことが不可欠です。

この”準備”とは、あなたの台本を考える事から始めます。

将来の為替相場はこうなるだろうからNZドルをエントリーするみたいなあなたなりの筋書きを書いていきます。

その次は相場を見ましょう。

過去の相場の上下動を見つめて現在のチャートを確認する。

すると、「現時点ではなかなか安いレベルにある」そうでなければ「とっくに大方の人が買い(あるいは売り)に動いているから、この先エントリーしても今さら遅すぎるな」ということが分かってきます。

当たり前ですが取引するのが遅すぎるなと考えたらこの状況ではきっぱりと吹っ切ることが大切です。

どうしても自身のシナリオを貫いて割り切らずに新しく注文すると、市場に押し返されて、それどころかマイナスになる可能性があります。

とは言っても多くの場合では用意周到にあなたなりのストーリー展開を描いていれば売り(または買い)が間に合わないなという場面にはならないだろう。

おそらく、明確にマーケットが変動する前の状況のはずです。

続いては、まずは自身がエントリーしようとする売買ポジションの上下の動きをしっかり見る事が大切です。

もしも、円安になるというストーリー展開を描いたのであれば該当する通貨の動きに気をつけておきます。

為替相場の上下動を注意を払い始めた状態では、まだまだその外貨ははっきりと上げ下げする気配を見せることはなく小幅な変動をしているだけでしょう。

だけど、その変化を正確に見ていると、あるポイントでゆっくりと円安へと相場が向い始めます。

このチャンスで初めて、ドル買いのエントリーします。

通常は、ここまで計画的に用意をしておけば、そのエントリーで儲ける率は割合高くなるはずです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.anavacentar.com All Rights Reserved.